FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ありがとう龍馬伝OP!

龍馬伝~オープニングテーマ 総まとめ。2台エレクトーンのためのアレンジ。
本日、できあがりました。お聴きください。
 





Mac等の方は、↑にプレイヤーが表示されないかと思うので、
こちらからどうぞ。

YouTubeにもUPしました。


龍馬伝~オープニングテーマ 2台エレクトーンのための

'finale2010モニター' 期間中にアレンジしました。

編曲:村山智美
使用楽器:YAMAHA EL-900B
使用DTMソフト:
XGWorksV4.0
RadioLineFree Ver.1.09
SoundEngineFree Ver.4.52


'finale2010モニター' 楽譜作りで、私自身がつくってしまった宿題、本日とうとう音になりました。
初めての2台エレクトーンアレンジ。音のバランスのとり方が実に難しかったです。
本当に、2台以上の電子オルガンアンサンブルをされる方、すごいですよね。
Panの設定とかも、じっくり考えて、譜面に明記した方がいいかな。
~~そういったこと、今後、PCで一括コントロールとかできたらいいんですけどね。


DTMとしては、やはりMTRにひとつひとつ音を入れていった方がいいですね。
自由にPanとVolumeを調整できますから。


本日、大河ドラマ放送そっちのけで (^ ^; 音録りに専念しました。
修正、修正、また修正といった感じでした。それでも今日、どうしても完成させたかったのです。
もっと早くやればよかったものを……反省。
細かい修正したい個所は山ほどございますが、それらは今後の課題ということで……





ともあれ、2010年 この一年間、龍馬伝~オープニングテーマ を通して、様々な勉強ができました。素晴らしいご縁に恵まれました。
私が、オープニングテーマを耳コピする! を決心・実行していなかったとしたら、今の私はなかったと思います。finale2010 をタダでいただいてしまうこともなかったわけです。管楽器のことを詳しく勉強する機会もなかったわけです。


ありがとう龍馬伝OP! 感謝。合掌。





翌朝追記♪11/22 '10

やはり、いくらDTMといっても、基本は演奏です。最初の演奏がちゃんとできれば、修正作業も少なくて済みます。
基本は、ちゃんと練習しないといけないな、と改めて思いました。
DTMは「演奏を創る」という意識を養ってくれます。どんな些細な表現でも、全て私が「ここはこうしたい」の意志を表現したものです。
演奏というのは、それをコンピュータではなくておのれの身体で具現化する。これって大変なことです。
私はもっと、演奏を創る、それを自身の身体で表現するための修行をこれからも積まなければ……そんなことをつくづく思いました。



翌日追記♪11/22 '10

ラストの「だかだかだかだか!」が、音量が小さい×
しかも高い音が入っていない!←UPしてから気がついた×


改めて原曲聴いたら、私のアレンジが如何にイメージ先行で、かなり原曲から離れてしまったことを思い知らされた。
まあ、あれが私の今の実力です。


サビではもっと弦にうたわせるべきだった。
弦楽器 (Strings) のチカラは、金管楽器 (Brass) のそれとはまた別次元のチカラなのだと思った。


管弦楽法の勉強がしたい!
来年はできれば、finale に紙スコアを打ち込んでみたい。勉強のために。
そんな時間あるかなあ~!?。


金管(Trp. Trb.)と弦は相性が悪いから、間に Horn or 木管を挟まないと同時に鳴らしちゃいけないって以前読んだんです。
でも、実際はどうなんだろう。
やはり、本買って勉強しないとなあ。


とにかく今回、ヒドい仕上がりになってしまいました。もっとじっくりゆっくり時間をかけてやるべきでした。
今日はちと疲れ気味モード。明日休みでホントによかった。(仕事はあるんです、はい頑張ります★)
スポンサーサイト

Date: 2010.11.21 Category: DTM  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
プロフィール

村山 智美

Author:村山 智美
作曲家の雛です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。