FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

クラシック曲みたいにさらっている「どジャズ」

2010年最後の練習レポート
Stella By Starlight~そう、あのエレクトーン界の古典アレンジ@塚山エリコさん 楽譜はEL3桁時代のJazzTimeBest1
 

耳ではもう四半世紀前から何度も聴いてきましたが、私自身が弾いてみたのはこれが最初。
この冬になってから忙しい仕事の合間に譜読みを始め、練習の度に試しにリズムを鳴らして弾いてみようとするのですが、最初のテーマで「あ゛~まだまだ全然ダメ×」なんてやってきましたが、「そうだ、ディスエーブルボタンを使ってみよう」ということになりました
……って、この曲このレジスト、Memory[1]しか使わないんだよね。ただ曲に不慣れだと誤ってヘンなボタンを押してしまうことが実際にあるので、念のため[D.]ボタンは押しておくといいかな~!? という程度。


そう、まるでクラシック曲をさらうみたいに練習しております@ジャズ曲。
で、クラシックピアノとか弾いていてもよくあることですが、微妙な表現でこの音はこの方がいいかな!? なんてちょっと変えて試してみたり、とか、微妙な音符の伸ばし具合を試してみる、だとか……。


要は、「演奏・村山智美」でなければならないということ。


なんだかその My Performance を創る作業が本当に、クラシックピアノでも練習するかのような地道な作業で、鈴木一浩さんなんかが見ていたらあきれられてしまうかも!?

でも、いいですね♪ 昨日ようやくリズムを110~120/四分音符 程度のゆーっくり(元アレンジは168/四分音符 とあります)テンポで、とにかくできる限りエレクトーンのシーケンスリズムとアンサンブルする気分で通し弾きしてみたら、いやあ、EL-900、もう13年近く前の楽器ですけど、いいですね、もの凄く気持ちよい。今日は 125 で弾くことができました♪。

コンピュータで奏でるリズムマシンでこれだけ気持ちよいのなら、生セッションはどれだけ最高!なんだろうなあ。今日父が言っていましたが、生ドラムは微妙な音が魅力的だ、と。いわゆる「ゴーストノート」とかいうやつ。否バンドやっている父が言いたかったのは、もっとビミョーな生打楽器の音ということかもしれませんね。

ともあれ、コンピュータとのアンサンブル、なんだかブラシのシャラシャラ、というのが一時的に消えると、不安な気持ちになってしまったり、途中でスティックに変えるみたいですが急に環境が変わったみたいでまた不安になる(笑)……或いは複雑な Fill In を聴かせてくれる箇所は、コンピュータだからドラマーさんのカラダの動きとかがないから、拍がわからなくなってまたまた不安になる。或いはバスドラムさんがものすごいドン! の迫力!!。

……なんだかこういったリアル感、HS-8 にはなかったものだから。EL-900(B) になってから弾いてみた最初の「どジャズ」(翆頌独自の言葉。もっともジャズくさいジャズ。私が一番好きなジャズはこの「どジャズ」なのです)は、まだまだクラシック曲的さらい段階ですが、本当に面白い、楽しいですね!!!

但し、左手の刻みは曲の盛り上がりでちょっと盛り上げたくなって、自分で好きに刻んでみたり……そうやってクラシックから少しずつジャズの演奏にしていきつつあります。



……以上、2010年最後の練習レポートで、し、た!
よいお年を!!!
スポンサーサイト

Date: 2010.12.31 Category: EL-900  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
プロフィール

村山 智美

Author:村山 智美
作曲家の雛です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。