スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

クラシック曲みたいにさらっている「どジャズ」(4)

EL-900で弾く Stella By Starlight (塚山エリコアレンジ、JazzTimeBest 1)
昨日のホームコンサートで、辛うじて130~135/四分音符 で弾くことのできたこの曲ですが、
今日弾いてみたら、その、私が「速い!」と感じていたボーダーラインの 「140」がけっこう速くなく感じたのです。速さを感じなくなってきたらこちらのものです♪

 

それで今日は思い切って、アレンジャーご指定の、168/四分音符 で弾いてみたら、おおお~~~、けっこう弾けるじゃん。
如何に速度を感じないで弾けるか、なんですよね。
クラシックピアノでも、ショパンのエチュードとか、「速い!」と感じながら無理矢理弾いてもそれは死んだ演奏になってしまうのだと思うのです。ですから恐らく「速く弾くための練習」は、ほぼ絶対的な禁じ手 (絶対にやっちゃいけない) @楽器の練習方法 だと私はいつも思います。自然と速くなるのが自然なのだと。

そう、ピアノ調律(初級)を教わっていた時に「こんなに時間が掛かっちゃうのですがいいんでしょうか」と聞いたら「自然と速くなります」とのことでした。当時4時間以上掛かっていたかな。プロは2時間ちょっとで一台の調律をされるのだそうですから。速くやろう、と焦ればいい加減な調律になってしまうだけで、慣れてきて自然と速くなるに任せることを、私はピアノ調律で教わったのです。

今日はその「168」というテンポ、少し速く感じられました。
ですからここでまたちょっと速度を落として練習した方がよさそう、ということになりますね…。



指がニュッと伸びる。

ところで、「168/四分音符」で弾いてみたらこの箇所この指使い……
2011-01-04-Stella-01a.jpg

この大切な冒頭テーマ箇所、さんざん、どういう指づかいがベストなのか、と悩んできました。

ところが、今日「168」で弾いてみたら、指がニュッと伸びるんですね。全く自然に。
何故でしょう。ピアノやっていた時もよく経験してきたことですが、なにか楽器の演奏において、指を動かすのは脳の複雑な箇所が働いている故かもしれません。鍵盤楽器を弾く方なら恐らく誰でもがそういった経験がおありでしょ!?



アクセントをつけやすい指使い

これは、私が以前、1か月だけチェンバロを習った時に教わったテクニックを応用したもの。
2011-01-04-Stella-02b.jpg


このラストのパッセージ、すごく弾きにくく感じました (私の指の障害のせいかもしれませんが!?)
それで、ここに限って、アクセントを自然に付けやすいように、わざと1指を使うことにしたらすごく弾きやすくなりました。



なんだか、本当にクラシックピアノ並みにこまかくさらっている「どジャズ」でございます (^ー^;)

スポンサーサイト

Date: 2011.01.04 Category: EL-900  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
プロフィール

村山 智美

Author:村山 智美
作曲家の雛です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。