FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

結局は必要なかった。

オリジナル曲のオーケストラアレンジ音源をDTMでつくっています。
前半はとてもよかったが、中盤に差し掛かったところで、
やけにがちゃがちゃだなあ、と思ってしまった。

 

みんなが言いたいことをバラバラに主張しまくっている、最近のお笑い芸人が沢山集まった時のような、わーわーぎゃーぎゃーの状態になってしまった。


どうすればいいのか、しばし悩んだ。
そこで、DTMソフトで、いくつかのパートだけを、いろいろ組み合わせて鳴らして聴いてみることをしてみた。
まずは、これだけで最小限のハーモニーは成り立つ、というのを確認した。
その上で、この曲のストーリーからすると、1コーラス目はこうだったから、次は少し発展してこうなる、みたいなイメージが生じてきた。


結果、あってもなくてもよかった音を削ることでことごとく解決しました。
それらは、ただ単に大きな曲が書きたい、という欲で、ムリヤリ、美しいハーモニーを付け足していただけだった。
だから音に全然心もイメージもストーリーもなかった。
そんな音は容赦なく捨ててしまった。
スッキリしました。

苦労の跡 ^ ^ ;



人間が生きるのに、最小限、これだけの衣食住があればまずは生きていける。
それにプラス、その時々に何が必要か。それは本当に必要か。
そこにあるものは、あってもなくてもよいものか。
なくても成り立つけど、あるとよりよくなるものか。
単なる贅沢か。むしろないほうがよいか。
なんだか、そんな想いと重なりました。




さあ、急いだってすぐにはできあがらないことが、これでわかったのだから、 (^ ^;)
じっくりと、焦らず、作業を進めることにいたしましょう。
ちょっとでも「ヘンだな」と思ったとしたら、それはヘンなんです。
自分で本当に素晴らしいと思えなければ、人を感動させることはできないからね。




当日追記♪
結局、構想していた、トロンボーンカルテットと、バスクラリネットは全くのお役御免となりました。
ホルンもかなり出番を削ってしまいました。
でも、これで誇張でも自己主張でもない、ほんとうによい作品ができそうです。
つくるからには、アマチュアの最高峰ではなくて、プロの末席レベルの作品に仕上げたいのです。
スポンサーサイト

Date: 2011.07.19 Category: Original Works  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

人間が好きになる名言

presented by 地球の名言
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
プロフィール

村山 智美

Author:村山 智美
作曲家の雛です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。